TOP

「山村振興情報」最新号

我がまち・我がむらの誇りー長野県根羽村

神宿る「月瀬の大杉」

樹齢1,800年、樹高40m、国の天然記念物「月瀬の大杉」は、村のシンボルとして長い歴史を刻んできました。折損部や樹冠の内側では「萌芽」によって樹幹が修復され、樹冠の上部では枝があたかも幹のように振る舞う「幹へのなりすまし」が見られるなど、自然界では稀な現象を観察することができます。「月瀬の大杉」は、今なお未来に向かって躍動を続けています。